男性売り手市場!30代の今がチャンス!

30代男性は結婚相談所での婚活において売り手市場です。
日常生活では自然に出会って恋愛に発展したのち結婚するよりも遥かに高い確率で自分が希望する相手と結婚することができます。

女性会員が多い!

日本結婚相談所連盟(IBJ)加盟店の結婚相談所に在籍している男女会員数を例に挙げてみましょう。

2020年4月時点のデータです。
全体的に女性の比率が高いです。
30代がボリュームゾーンとなっています。
ちなみに39歳までの会員数は
男性:10,392人
女性:20,269人
女性の方が圧倒的に多く在籍しています。
これが40代に入ってくると男女の会員比率が小さくなり40代後半になると男女比率が逆転し以後男性会員が多くなっています。

女性会員が多いと男性はたくさんお見合いが出きる

結婚相談所においてお見合いを重ねていかなければ成婚することができません。
1回のお見合いで結婚できる人もいれば100回お見合いしても結婚できてない人もいるので一概にお見合いすれば絶対結婚できるという訳ではありません。
しかし、お見合い数が多くなれば成婚の確率も比例して上がるのもまた事実です。
売り手市場で女性よりも多くお見合いすることが出来る30代男性は婚活においてかなり有利です。

いくら男性売り手市場と言ったって・・・

IBJ成婚白書のデータによると、20代後半~50代前半までの女性は平均して3~5歳年上の男性をパートナーとして選びやすい傾向にあると記述されています。

 

なので、いくら男性売り手市場といっても40代50代の男性が結婚できる可能性は30代男性よりも低くなります。

 

年上のライバルと差をつけれている30代の今こそ積極的に婚活していくことをお勧めします!