婚活中のみなさん頑張って活動していますか?

なかなかいい方向に進まないって思っている人はもしかして○○〇な婚活をしていないのかもしれません。

すぐに成婚していく人は○○〇な婚活を実践しています。

○○〇な婚活とは一体何なのか?具体的にどうすればいいのかをお伝えします。

 

〇〇〇な婚活とは?

「○○〇な婚活」それは

主体的な婚活です。

 

広辞苑に乗っている「主体的」の意味はこの様になっています。

他に強制されたり他に強制されたり、盲従したり、また、衝動的に行ったりしないで、自分の意志、判断に基づいて行動するさま。

つまり、「結婚したいという意思があるので、自ら進んで結婚相談所に入会して活動する。」ということです。

「自分はまだ結婚の意思がないけど親に入会させられた」はこの主体的な婚活の定義から外れますね。

 

なんちゃって主体的婚活

自分の意思で入会し、お見合いも積極的に申し込んで活動している。

積極的に申し込んではいるけどなかなかお見合い決まらない・・・。

そういう人はなんちゃって主体的婚活をやっている可能性があります。

 

積極的に申し込んでマッチングすればお見合い。

その後OKもらえればデート。

と順調に進んでいるときはそれで問題ありません。

しかしダメだった時に改善が出来ていないのです。

「カウンセラーに言われた通り積極的に申し込んでダメだった場合は気持ち切り替えて活動してる!」では主体的に婚活してるとは言えません。

 

主体的な婚活の定義

では主体的な婚活の定義とはどのようなものなのでしょうか?

 

情報収集し自分の頭でよく考える

恋愛や婚活に関する情報は今やインターネット上にごまんとあります。

検索すれば大金を払わず誰でも簡単に恋愛や婚活に関する知識を得ることが出来ます。

しかしなんちゃって主体的婚活をやってる人はとにかく情報収集をしない!

そして「どういう髪型すれば清潔感が出せるのかな?」や「最近の女性受けがいいファッションのトレンドは何か?」などを自分の頭で考えようとしません。

主体的な婚活をやっている人は婚活のアンテナを張っていて、どうすれば結婚できるか?を考えています。

 

積極的に行動する

頭で考えることは出来ても行動するとなると更に勇気がいります。

「髪型変えてみましょう!」とアドバイスしてもずっとそのままの会員さんも実際います。

行動してもコンフォートゾーン内(ストレスを感じない居心地のいい部分)でしか動こうとしません。

今のモテない自分を脱却してモテる自分になるには億劫にならず積極的に行動するしかないのです。

 

自分を高める

相手に求める条件は多ければ多いほど、自分もそれに釣り合っていないとなかなかマッチングしません。

当然スペックが高い相手となれば競争率も高いのでライバルに競り勝たないといけません。

なので自分を高める必要があります。

自分の魅力、ライバルに勝てる武器は何なのかをよく考えて自分を磨き高めていくことが大切です。

 

どうしてもわからない部分はカウンセラーに聞く

自分で考えてどうしても分からない部分はカウンセラーに聞いてください。

なにも考えず行動してないのに「どうしたら結婚できますか?」は論外ですね!笑

考えて行動した上でしっかりカウンセラーを活用してください。

 

あなたの婚活は主体的?

主体的な婚活の定義についてご説明しました。

あなたのやっている婚活は主体的な婚活でしょうか?

主体的ではないと思い当たるのであれば勇気を出して行動してみましょう!