婚活していてマッチングはするんだけど、そこからなかなか続かない。

連絡取り合ってたけどいつのまにか自然消滅しちゃう。

それはLINEの連絡の取り方に問題があるかもしれません

今回はLINEが苦手な男性の方でも、次のデートに繋げれるLINEテクニックをステップ順にお伝えします。

 

①女性と初めて会った直後はまだ「他人状態」

婚活パーティーやお見合いでマッチングしたからといってもう仲のいい友達ではありません

あなたに初めて会っただけなのでほぼ他人状態と言っても過言ではありません。

そんなほぼ他人状態の相手に対して、そっけない業務連絡の様なLINEを送り続けると楽しくないのでわざわざ連絡を取り合う必要がないと思われ連絡が途絶えます。

 

連絡を途絶えさせずいかに続けるか

他人状態のフェーズではいかに連絡を続けられるかがカギになってきます。

この時点でそっけない対応やがっつきすぎる対応をしてしまうとせっかくマッチングまで持ってきた苦労が水の泡。

僕と連絡すれば楽しいですよ。不快に思わないですよと思わせるのが大事です。

 

女性が返信に必要性を感じるトークをする

なのでまず最初は女性が返信に必要性を感じるトークをしましょう。

雑談ではなく用件のある会話から入ってみましょう。

あなた「〇〇さんがこの前面白いっていってたゲームのタイトル何て言ったっけ?」
女性 「△△ですよ」
あなた「そうそう!それ!ありがとうございます!」

大事なのは下心があって話しているのではなく用件があってトークしてるという様に思わせることです。

けれどまだ仲良くなっている途中なのでこの方法で徐々に警戒感を解いていきましょう

 

LINEの送る頻度は?

他人状態の段階なのでまだ全然親密でありません。

ですのでトークの頻度は少なく1日1~2通程度で留めておく必要があります。

あまり送りすぎると返信が負担になってくるからです。

がっつかずあくまでも僕とLINEするのは楽しいですよ。不快に思わないですよと思わせ警戒心を解いていきましょう。

 

②ある程度の雑談ができる仲になる

警戒心を解いてLINEを続けていくと、簡単な雑談くらいは出来る様になってきます。

ここではLINEを通して女性に居心地のいい会話をしてもらうことが大切です。

居心地のいい会話とは女性の話をよく聞いてしっかり理解し共感するということです。

 

相手の話をよく聞く

LINEなどの文字のやり取りで相手の話をよく聞くというのは相手に興味を持っている姿勢を見せることです。

「そうなんだ!」や「〇〇すごいよね」など短文でもいいので相手のトークにリアクションを入れましょう。

あなたとしてはそんなつもりがないのですが、リアクションを入れないと「あっ、話題スルーされた・・・」と思われることもますあります。

しっかり相手のトークにリアクションしてあげて会話のキャッチボールを意識しましょう

 

しっかり理解する

相手の話をよく聞いた次はしっかり理解するです。

大切なのは話を理解していることを女性に伝えることです。

そうすると女性は「あっ、理解してくれてる!」と思い安心して話を続けることが出来ます。

ただ女性の話を聞いて返事を返すだけでは女性に理解してると思われません。

 

具体的に共感する

女性の話をしっかり理解した上で共感することが大事です。

女性 「今日家出るときスマホ忘れちゃってさぁ」
あなた「朝からそれやっちゃうとマジ一日萎えるよね」
あなた「ホントホント!朝からめっちゃテンション下がったよ」

ここまでしっかりと具体的な共感が出来れば女性も気持ちよく話を続けることが出来るはずです。

 

③女性がこちらに興味をもってくれる

雑談がしっかり出来ていて女性が興味を持つようになったらデートに誘いましょう

これは女性からこの人となら2人で会ってもいいかなと思われるからです。

雑談が出来ているからといってだらだら続けず出来るだけ早い段階でデートに誘いましょう

 

LINEはあくまでも繋ぎ

あくまでもLINEはデートへのつなぎであってゴールではありません

あなたのゴールは婚活を成功させて幸せな結婚生活を手に入れることだと思います。

LINEトークをマスターしたからといって幸せな結婚生活が手る入りませんのでそこはしっかりと覚えておきましょう!