本日7月7日は七夕

短冊に願い事を書いて笹に飾りつけをして楽しむというのが一般的です。

非常に覚えやすいこの日に結婚したいと思うカップルも多いと思います。

この7月7日は縁起の良い日なのでしょうか?それとも悪い日なのでしょうか?

 

人によってとらえ方は異なってくる

縁起が良い悪いはぶっちゃけ人によってとらえ方が変わってきます!笑

悪いと思っている人は七夕伝説に影響されているの可能性があるかもしれません。

七夕伝説

七夕伝説とは

ともに真面目だった織姫と彦星が恋に落ち結婚することで仕事を怠け、怒った織姫の父親である天帝が二人を離ればなれにしてしまいます。

それからというもの織姫はずっと泣いてばかり。

可哀そうに思った天帝は真面目に働くことを条件に1年に1回この七夕の日だけ彦星に会うことが許される様になりました。

これが七夕伝説です。

「結婚して二人が離ればなれになってしまう」「結婚すれば仕事を怠けてしまう」という部分に縁起が悪いと感じてしまう人もいるようです。

 

七夕婚のメリット

縁起のいい7の数字が重なるので覚えやすい

ラッキーセブンと言われる様に7は縁起のいい数字です。

その数字が2つ重なった日の七夕はとても縁起のいい日です。

記念日に設定すると縁起がいいうえにとても覚えやすいです

 

結婚式で七夕にちなんだ演出ができる

七夕に日に結婚式を挙げると他の日では出来ない特別な演出が出来ます。

七夕らしいドレスや小物、セットなど他の日では出来ない演出ができるのでとても印象に残る結婚式になるはずです。

 

七夕婚のデメリット

大安が少ない

結婚式の日は大安じゃないと絶対ダメ!というカップルには厳しい内容になってきます。

年に1回の七夕の日に大安が来る可能性はかなり低いです。

七夕より大安を優先にさせるカップルは向かないと言えます。

 

結婚式が被りやすい

同じように七夕婚を考えているカップルは多いです。

七夕に結婚式を挙げるなら早めに式場を押さえないと人気の式場はすぐ埋まってしまいます

また、知人や友人と結婚式が被ってしまう恐れもあるので参加したいけど参加できない状況になるかもしれません。

 

七夕婚を目指すなら今から本気で頑張ろう!

七夕婚を目指すなら今から本気で婚活を頑張る必要があります。

短冊に「結婚できますように」と書いただけでは結婚は出来ません

しっかりと行動するからこそ願いは叶います

いまからしっかり婚活を頑張って来年の七夕には結婚出来るよう一緒に頑張りませんか?